サービス案内

産廃処理.com HOME サービス案内 処理品目で選ぶ プラスチック系廃棄物

サービス案内

プラスチック系廃棄物

plastic.jpg プラスチック系の廃棄物=プラスチックで作られている、また、プラスチックの部品をつかっているという、「プラスチック類」と考えられそうな不要品の事です。
倉庫で使用する梱包用のラップやPPバンドといった軟質系から、箱物のケースといった硬質系、またプラスチック単品から(プラスチック+金属類)といった複合品までですので、色々たくさんあると思います。

プラスチックは一言で「プラスチック」と括っても、一般的なものでもABS、PC、PS、PETなどたくさんの種類があります。そしてそれらはその性質上、種類ごとに分別すれば素材としてリサイクル可能な物が多いですね。
素材としてのリサイクルの方法(マテリアルリサイクル)は、これも一般的にはですが、種類ごとに分別され→破砕処理(性状によっては圧縮)され→再生樹脂原料としてリサイクルされます。
また、プラスチックはその性質から、分別が困難な場合でも、熱エネルギー回収としてサーマルサイクルや固形燃料(RPF)としてリサイクル可能な場合が多いですね。

というのが、 (ほぼ)プラスチック単品という不要品の話で、プラスチック複合品はといえば、プラスチックがこんな性質ですので、例えば、(プラスチック+鉄)という不要品を考えた場合、それを手分解でプラスチックと鉄に分別できれば、鉄は鉄屋さんでリサイクルし、プラスチックは種類や品質によって素材かエネルギーとしてリサイクルする事が可能です。

プラスチック系の不要品は、ひと手間かければ素材やエネルギーとして利用する事が可能なケースがたくさんあると思います。また排出時の分別の程度や不要品の品質で、リサイクルする事で付加価値が付き、処理コストに還元できるケースもあるかも知れません。
排出事業者様の、環境やセキュリティーに対する考え方等も含めての総合判断になると思いますが、これらの不要品が定期的に発生しているのであれば、処理方法やコスト改善の検討の価値があるかも知れませんね。
  • plastic2.jpg
  • plastic3.jpg
  • plastic4.jpg

プラスチック系廃棄物の例

  • プラスチック成型不良品・またその原料
  • 検査機器・測定機器・OA通信機器類・什器備品類
  • 電子基板類
  • 種類や分別の品質によっては買取も可能

大阪府・大阪市・堺市・東大阪市・高槻市・和歌山県・和歌山市・奈良県・奈良市・兵庫県・尼崎市・神戸市・京都府・京都市・滋賀県

メールでお問い合わせはこちらから